津久井のキャンプ場

リンク集

キャンプ場リンク集(画像クリックで各キャンプ場サイトへ移動します)

相模原市緑区青根807

緑の休暇村青根キャンプ場

TEL042-787-1380

自然が多く残る津久井町「緑の休暇村・青根キャンプ場」 都心からも近く山や川に囲まれ、気の合った仲間同士でもご家族連れでも、お楽しみいただけます。
キャンプサイトは平坦なので、安全で快適です。緑の休暇村内に日帰り温泉施設「いやしの湯」があります。

相模原市緑区青野原918-2

青野原オートキャンプ場組合

TEL042-787-0477

道志川に沿って500m位のサイトがありテントを張ることが出来ます。中州には桜の木が植えてあり木陰も多くあります。「シャワー 3分間 ¥200」「トイレ 3ケ所 水洗」「炊事場 4ケ所」「自販機 3ケ所 ジュース・アイス」「大きな屋根付きの小屋 予約可能」「駐車場 500台」

相模原市緑区青根3685

神之川キャンプマス釣り場

TEL042-787-2116

神之川の澄んだ渓流沿いにあり、都心から1時間半の近い距離にあり,山深い自然と澄んだ水量豊かな神之川沿いにあるキャンプ場とマス釣り場。
キャンプサイトは、すべて道志川の支流神之川沿いで、敷地は細長く広くゆったりしています。 バンガロー、炊事棟、温水シャワー、水洗トイレなどが完備されています。男女別の岩風呂もあります。

相模原市緑区青根2745

このまさわキャンプ場

TEL042-787-2735・2051

ファミリーはもちろん、学校行事やスポーツクラブの自然体験プログラムの会場にも多くご利用頂いているチビッ子も大満足なキャンプ場です。

相模原市緑区寸沢嵐新戸2362

新戸キャンプ場

TEL042-787-0141

相模原市緑区の南端にあり道志川の密教地の当キャンプ場はトイレはすべてウオッシュレット、雨でもバーベキューが出来、ソロキャンパーに喜ばれています。
川遊び・釣り・バーベキューを家族・会社・友達で楽しめます。穏やかな川のせせらぎ、春は桜、秋は紅葉と四季を通じて季節感があります。

相模原市緑区青根98

夫婦園キャンプ場

TEL042-787-0031

「夫婦園」は、神奈川の北西端に位置を占め、東京より70km、横浜より50kmの地点にあり、裏丹沢から焼山を眼下に仰ぎ、園内10万坪の大自然と道志川の清流に囲まれ、周囲には大小多数の滝があり、春の若葉の頃の夏のデイキャンプ(バーベキュー・飛び込み水泳・渓流釣り)・バンガロー宿泊・秋の紅葉の頃と四季を通じて、ご家族連れから団体様までご利用いただけます。

相模原市緑区青根2510-3

此の間沢渓流園

TEL042-787-1383

道志川に注ぐ此の間沢の清流は、丹沢国定公園の山々で生まれます。
その水は3キロ上流から湧き出ているので、大雨が降っても数時間で澄んだ水に戻ります。
天然のヤマメやイワナ、サワガニやカジカ、カゲロウの仲間たち。
梅雨の晴れ間の夜に舞うホタル、テントサイトのサワグルミにはリスやアカゲラの姿も見られます。
ここを起点に、東海自然歩道を利用しての登山、道志川での本流釣近くに点在する温泉めぐりなど、キャンプの他にも楽しみがいっぱい。
また、川の流れる音を聞きながら何もしないで過ごすことも、此の間沢渓流園での楽しみ方の一つです。

神奈川県相模原市緑区青根3769

うらたんざわ渓流釣場

TEL042-787-2657

『うらたんざわ渓流釣場』は相模川の支流、道志川に清流を注ぐ「神の川」の最上流部に位置します。 神の川は蛭ヶ岳を中心に、檜洞丸やブナの原生林を育む大群山(大室山)に水源をもっており、うらたんざわ渓流釣場の“水”の美しさの秘密があるのです。ですから、対象魚の魚体も見事。釣り上げたときの感動がちがいます。
全長約1.5kmの釣場は下流域、中流域、上流域の3つのエリアに分かれています。下流域はフライ専用の「ヤマメ クラッシックI」、中流域は「フライ・テンカラ&ルアーエリア」、上流域はフライ&テンカラの「ヤマメ クラッシックII」となっており、テクニックの下流域、カップル&ファミリーの中流域、自然派志向の上流域と、フィッシングスタイルに合わせてエリアが選べます。各エリア毎に特別ルールを設けましたので、これまでにない本格的なゲームフィッシングを心ゆくまで体感できます。

*上記掲載の各キャンプ場は、津久井観光協会の管理ではありません。料金・設備などの詳細は、キャンプ場へ直接お問合せ下さい。
*電話番号、住所などの間違いがありましたら津久井観光協会までお知らせ下さい。