仕込み水

仕込み水


仕込み水.jpg

丹沢山系の中硬水

蔵の裏山から湧き出す丹沢山系の湧水は年間を通して豊かな水量を誇り相模灘の酒造りを根本から支えています。水質は適度なミネラル分を含む中硬水で相模灘の目指す「バランスの良い食中酒」を造るには必要不可欠な要素だと思っています。日本酒の約80%が水である事は言うまでもなく原料米の溶け具合や微生物の活動に至るまで水質は大きく関わっています。ミネラル分の少ない軟水だと米の溶解は少なく酵母の発酵も穏やかなので口当たりの優しいライトボディの日本酒に仕上がりやすく、ミネラル分の多い硬水だと米の溶解が多く酵母の発酵も活発なので飲み応えのあるフルボディの日本酒に仕上がりやすいと言われています。適度なミネラル分を含む中硬水はそれぞれの中間的性格を持っているので「バランスの良い食中酒」を目指すには最適な水質だと思っています。